お電話では、こちら<br>
東京:0120-515-688
大阪:06-6210-1756
受付時間 9:30~19:00
(土日・祝も可)

老人ホームで暮らす~“老人ホーム”の種類と特徴~

老人ホームに移り、必要な介護・医療サービスを受けながら、安全で安心した生活を送るという選択肢もあります。

“老人ホーム”といっても、実に多種多様な種類があります。
ご本人・ご家族が何を必要とされているのかをもとに、しっかりと選んでいくことが大切です。

“老人ホーム”の種類と特徴

■特別養護老人ホーム(特養)

常時介護が必要で、要介護度が3~5の方が入居できる老人ホームです。
入居時の初期費用はありません。
比較的費用が安いため、入居を待つ待機者が多いと言われています。
※入居は申込順ではなく、優先度の高い方から入居となります。

特別養護老人ホームの特徴を見る

■介護老人保健施設(老健)

病状が安定していて、入院の必要はないが 看護や介護、リハビリが必要な方が入居する、 病院と老人ホームの中間のような施設です。
入居時の初期費用はありません。
自宅や老人ホームなどの“住まいの場所”に 戻るためにリハビリを行うことが役割なので 3ヶ月毎に入居の必要性が検討されます。

介護⽼⼈保健施設の特徴を見る

■介護療養型医療施設

病状が安定しているが、常時医療的な管理が必要な方が利用できる医療施設です。
入居時の初期費用はありません。
老人ホームというよりは病院のイメージです。

介護療養型医療施設の特徴を見る

■認知症グループホーム(認知症対応型共同生活介護)

認知症の診断を受けた方が対象で、介護スタッフのサポートを受けながら少人数(5~9名)のユニット単位で入居者同士で役割分担をしながら共同で生活するホームです。
入居時の初期費用は、20~30万円程度かかるところが多いです。

認知症グループホームの特徴を見る

■有料老人ホーム

食事や介護等のサービスがついた高齢者用の居住施設です。
介護サービスは外部の介護サービスと契約して利用する「住宅型」と、介護サービスがパッケージされている「介護付」があります。
入居時の初期費用は、0円~数百万円と幅広い設定があります。

有料老人ホームの特徴を見る

■サービス付き高齢者向け住宅

安否確認と生活相談サービスがついている高齢者向けの賃貸住宅です。
入居時の初期費用はありません。
介護サービスは、外部の介護サービスと契約して利用することになります。

サービス付き高齢者向け住宅の特徴を見る
老人ホームの種類早分かり表

老人ホームの種類と特徴をまとめた印刷用データが、
ダウンロードこちらよりダウンロードできます。
ぜひお手元でご覧になってご検討ください。

■印刷用データダウンロード
老人ホーム早分かり表(PDFデータ377kb)

【登録無料】メルマガ会員募集中

老人ホームへのご入居に”耳寄り”なメールマガジン!

ゴイカのかいごでは、新しい老人ホームの情報やご入居に関してのハウツーなど、老人ホームへの入居を検討されている方に耳寄りなメールマガジンを発行しています。ぜひご登録ください!