認知症グループホーム ~老人ホームの種類と特徴~

認知症グループホームとは?

認知症の診断を受けた方が対象で、介護スタッフのサポートを受けながら少人数(5~9名)のユニット単位で入居者同士で役割分担をしながら共同で生活するホームです。
入居時の初期費用は、20~30万円程度かかるところが多いです。

認知症グループホームの特徴

ホームの役割 認知症を持った⽅の共同⽣活の住まい
入居の対象者 【要介護度2〜5】
認知症の診断を受けた⽅で、共同⽣活に適応できる⽅
入居時の初期費用 0〜30万円程度
月額費用 13~20万円
介護サービス ホーム内の介護スタッフが行う
看護サービス ホーム内に看護師がいるところもあり
医療サービス 通院、または、近隣のクリニックからの訪問診療を使う
ポイント 介護スタッフのサポートを受けながら、少⼈数で、⼊居者同⼠で役割分担をしながら共同で⽣活する。家庭的な雰囲気が多い。

ゴイカのかいごでは

ゴイカのかいごでは、お問い合わせせいただいた後、より具体的なご要望やお悩みをご面談にてお伺いした上で、数あるホームの中から候補先を選定し、一緒に絞り込んでいきます。

ゴイカのかいごは、経験・知識が豊富な専門の相談員による暖かみのあるご提案をモットーとしていますので、機械的に条件に合った老人ホームの選別ではなく、実際の雰囲気や生活へのご要望にもお応えできます。

お電話での問い合わせ

0120-515-688

受付時間 9:30〜18:30 (土日祝もOK)

「ゴイカのホームページを見て」とお伝えいただくとスムーズです。

インターネットからの
問い合わせ

相談申込

受付時間 24時間

老人ホームの種類早分かり表

老人ホームの種類と特徴をまとめた印刷用データが、
ダウンロードこちらよりダウンロードできます。
ぜひお手元でご覧になってご検討ください。

■印刷用データダウンロード
老人ホーム早分かり表(PDFデータ377kb)