お電話では、こちら<br>
東京:0120-515-688
大阪:06-6210-1756
受付時間 9:30~19:00
(土日・祝も可)

老人ホームに行ってきた!ブログ

エイジフリー・ライフ文京湯島フロント写真

vol.64 エイジフリー・ライフ文京湯島 ~和モダンの雰囲気で安心の生活を~

エイジフリー・ライフ文京湯島フロント写真

今回は介護付有料老人ホーム「エイジフリー・ライフ文京湯島」に行ってきました!

※コロナ等の感染症対策を十分に実施し、入居者様と接点が無いよう配慮いただき、取材させていただいております。

■老人ホーム情報

ホーム名 エイジフリー・ライフ文京湯島
運営企業 パナソニック エイジフリー株式会社
住所 東京都文京区湯島3丁目21-7

 

AFL文京湯島_01

「パナソニック」と聞くと電機メーカーのイメージが強いのではないでしょうか。実は1998年より介護サービス事業をスタートしており、20年以上の経験と実績のある会社なのです。

パナソニック エイジフリーでは主にサービス付き高齢者向け住宅のシリーズ「エイジフリーハウス」を関西・関東・中部で展開しておりますが、今回の「エイジフリー・ライフ文京湯島」は介護付シリーズとしては4棟目。関東では初の介護付として2020年3月に新規オープン致しました。

地上8階の全48室(内2部屋が夫婦部屋)で入居時、要介護1以上の方がご入居可能な施設となっております。

東京都文京区で6路線5駅から徒歩圏内の施設となっており、ご家族様が遠方に住む方でもアクセスしやすい立地です。
高級な施設で、納得の人員体制が整っております。

・人員体制 1.5:1

厚生労働省の基準は入居者3名に対して、介護・看護職員が1名 = 3:1
厚生労働省基準の2倍以上の体制、入居者様をサポートしております。

 

・24時間看護

看護職員が24時間常駐(※)しております。
医療行為があり、なかなかお受け入れが難しいケースでも相談可能です。

※夜間(20時~翌7時)最少時の看護職員1名

 

・PT(理学療法士)、OT(作業療法士)常駐

資格を持った専任の機能訓練指導員がおります。
どちらか一方や、他の施設と兼任するケースはありますが、PT・OTともに常勤でいる施設は珍しいです。リハビリを積極的に受けたい方にオススメです。
少人数のユニットケアになっており、チームで安心のサポートが受けられます。

百聞は一見に如かずですね。
施設の外観や内観も素晴らしいので、ぜひ見てください。

■いざ、施設へ

今回は施設より一番近い東京メトロ「湯島駅」からお伺いしました。
ここから徒歩4分ですので、あっという間です。

AFL文京湯島_02

駅から出たところにはコンビニもあり、面会前のちょっとした買い物に便利です。

施設へ着きました。

AFL文京湯島_03

高級マンションのような外観で、言われなければ
有料老人ホームには見えません。

さっそく中に入ってみましょう!

AFL文京湯島_アイキャッチ

今はコロナが流行していることもあり、施設の見学に人数制限・時間制限が
かかっているケースがほとんどです。

今回も見学できるスぺ―スも限られておりましたが、少しでも魅力をお伝えできるよう写真多めで始めてまいります!

まず入口を入ってすぐに和の雰囲気、組子細工のお出迎えです。

AFL文京湯島_04

このモダンな雰囲気の和の風情は、髙島屋スペースクリエイツに設計いただいているそうです。ラウンジを見渡すと、まるで高級旅館のようですね。

AFL文京湯島_23

ふと、見上げると…

AFL文京湯島_06

江戸切子をあしらったデザイン照明、見とれてしまいました。

今回は5階のモデルルームへご案内いただきましたが、
お身体状況によって、階を以下のように分けております。

2,3階 : 認知症フロア

4,5階 : 医療専用フロア

6,7階 : 介護度の軽い方向けフロア

認知症ケアの観点から、自分のお住まいの階が一目で分かるよう全ての階で壁と床の色、コンセプトを変えているそうです。見学に行った際は、ぜひ見比べてみて下さい。

今回お邪魔した5階の廊下は「秋」をモチーフとした階でした。

AFL文京湯島_07

奥に見えるのはナノイーを発生させる加湿空気清浄機だそうで、ウィルス対策として至る所に設置されております。

AFL文京湯島_08

もちろんパナソニック製。
天井を見上げると、さらに同様の効果があるものが天井に埋め込まれています。

AFL文京湯島_09

コロナウイルスの流行により、オープン後このような装置を50個近く造設したとのことでした!

他にも各フロアの共用部には空間除菌脱臭機「ジアイ―ノ」が設置されております。

AFL文京湯島_25

■居室

それでは、個室を見ていきましょう。(モデルルーム仕様)
広さは18㎡~22㎡で、介護付の一般的な広さになります。

AFL文京湯島_10

AFL文京湯島_11

AFL文京湯島_12

 

小さな収納棚のあるお部屋もあります。

AFL文京湯島_13

 

別のお部屋の雰囲気はこちら

AFL文京湯島_14

 

引き渡しの際のイメージはこのような感じです。

AFL文京湯島_14

写真では分かりづらいのですが、各部屋は珍しい設計で
「正方形」のつくりになっております。

生活や介助の状況に合わせて柔軟にレイアウトが変更でき、トイレまでの動線を短くすることで、自立支援のサポートがしやすくなるそうです。

 

■リハビリルーム

食堂などをリハビリルームとして併用する施設も多い中、本格的なリハビリルームがある事も珍しいです。

AFL文京湯島_15

AFL文京湯島_16

AFL文京湯島_17

「個別リハビリ」「居室リハビリ」「生活リハビリ」に対応でき、お一人お一人の身体機能維持、向上に効果的なリハビリを受ける事が可能です。

 

■浴室&理美容室

お身体の状況に合わせて浴槽を選べるようになっています。

(1) 一般浴室

AFL文京湯島_18

(2)リフト浴

AFL文京湯島_19

AFL文京湯島_20

(3) 機械浴

AFL文京湯島_24

ここまでそろっていると安心ですね。
肩までゆったりとお湯につかりたいです。

他にも理美容室もあります!

AFL文京湯島_21

本格的な理美容室があると、施設内でカットはもちろん
特に女性の気分転換には嬉しい設備ですね。

2020年12月現在

 

■施設長の佐々木様より一言

東京の中心にある文京区。
駅から遠くに建つことの多い有料老人ホームですが、ここまで街中にあるケースも珍しいと思います。思い出のあるこの地で大切な人生の第三章を安心してお過ごしいただけるように支えてまいります。医療行為の重度の方もお任せください。期待に応えられる自信はありますので、いつでもご見学お待ちしております。

 

■最後に

いかがでしたでしょうか。今回は写真がご用意出来ませんでしたがお食事も毎日のアクティビティにもかなり力をいれておりました。

まだまだお伝えしきれていない事がたくさんあります。ぜひ、実際にホームを見学し、雰囲気を感じてみてください。

ご入居費用、空室状況、見学予約などにつきましては「ゴイカのかいご」まで気軽にお問い合わせください。ご相談から見学まで全て無料で行います。

>>>ゴイカのかいごに相談する

 

■おまけ

施設のすぐそばには「学問の神様」としても有名な「湯島天満宮」があります。見学に行かれたついでに立ち寄ってみるのも良いですね。

AFL文京湯島_22

※弊社「ゴイカのかいご」のマスコットキャラクター「ゴイカちゃん」も見学についてきてくれました。写真のどこかに写っているかもしれません!ぜひ探してみてください。

ゴイカ老人ホーム入居相談お申し込み
老人ホーム入居を専門相談員がご提案:ゴイカへのお申し込みはこちらから

ゴイカのかいご 3つのポイント

公正・中立
わたしたちは、特定の老人ホームだけをご紹介することは一切ございません。公平・中立な立場から老人ホームの情報をご提供いたします。
独立性
公平・中立な立場であり続けるため、特定の老人ホームとの資本関係などは一切ございません。
使いやすさ
お客様から一切料金をいただきません。お客様が納得してご入居されたのち、老人ホームから手数料をいただいて運営しています。
ゴイカへのご相談・お申し込みはこちらから

最近の投稿

【登録無料】メルマガ会員募集中

老人ホームへのご入居に”耳寄り”なメールマガジン!

ゴイカのかいごでは、新しい老人ホームの情報やご入居に関してのハウツーなど、老人ホームへの入居を検討されている方に耳寄りなメールマガジンを発行しています。ぜひご登録ください!