お電話では、こちら<br>
東京:0120-515-688
大阪:06-6210-1756
受付時間 9:30~19:00
(土日・祝も可)

ゴイカのかいご入居相談員インタビュー

ゴイカのかいご 入居相談員の想いをお伝えします。

ゴイカ相談員:渡辺 忠博
渡辺 忠博
(わたなべ ただひろ)
1970年7月生まれ
趣味は、山登り
ゴイカ相談員:高野 岳巳
高野 岳巳
(たかの たけみ)
1968年8月生まれ
温泉が大好き
ゴイカ相談員:渡辺 忠博
相原 鶴磯
(あいはら たずき)
1967年9月生まれ
和太鼓も得意!

高齢者ホームへの入居相談を受ける上で、どんなことを大切にして いますか?

高野
ご入居される方の生活の場になるホーム、少しでも

ここに入ってよかったと思ってもらえることが大切

と思っています。
ゴイカ相談員:高野
インタビュアー
でも、それが一番難しいことですよね。どうやったら、そう思ってもらえるんでしょうか?
高野
そのためには、老人ホームのことだけではなくて、介護に関わるあらゆることについて、不安や悩んでいらっしゃることに応えていくべきだと思っています。
介護に関する不安や悩みを一つ一つ解消していくことで本当に求めているご生活が見えてきますから。

以前、ご相談をいただいたご家族やご本人から、介護保険の仕組みや在宅介護のことなど、

「よくわからなかった部分を相談させてもらえて心強かった」

と言ってもらえたことがあって、有料老人ホームの紹介だけじゃない部分を喜んでもらえたことがうれしかったですね。
ゴイカ相談員:渡辺
インタビュアー
渡辺さんは?
渡辺
ご家族・本人が納得してくれているかどうかが一番大切だと思います。
ホームを決めた際に、ご家族からわざわざお礼の電話をもらうことが多いのですが、そのときの声が明るかったり、弾んだりしているときは本当にうれしいですね。
少しでも納得してもらえたら、やってよかったなと感じます。
インタビュアー
渡辺さんが「納得してもらうため」に考えているポイントはありますか?
渡辺
ご家族の要望を踏まえ、私自身の考えをプラスアルファして紹介しています。
そうすることでご家族としては気がつかなかった新しい視点に気づいてもらえることも多いです。

やはりプロとして、ご相談にこられた方の期待を上回るようにしなければならないですから、ホームの情報や実際の雰囲気などは、実際にホームに行き、確認しています。
今まで数多くのホームを見てきていますから、様々なホームを比較できるのが私たちの存在意義だと思います。
ゴイカ相談員:相原
インタビュアー
相原さんも同じ考えですか?
相原
そうですね。私もご家族・ご本人様がしっかりと納得されることが何よりも大切だと思います。
そのためには、

相談の段階で、ご本人・ご家族の考えやこれまでの生活背景、必要な医療・介護支援、希望される日常の過ごし方などをしっかりとお聞きして、それを具体的に実現できる形として提案する

ことが大切だと思っています。
インタビュアー
ご本人とご家族の意見が異なっているというケースもありますよね?
渡辺
実際のご相談の窓口になるのは、ご家族であるケースが多いです。その

ご家族の意見に併せて、ご本人がどう考えているのかを必ず把握していかなければならない。

当たり前の話ですが、ホームはご本人の生活の場。本人の意見をしっかりと踏まえ、ご家族の考えも尊重しながら提案するホームを探していくことが大切だと感じています。
ご家族と本人の要望がマッチするところを一緒に探していくことが大切だと思います。

【登録無料】メルマガ会員募集中

老人ホームへのご入居に”耳寄り”なメールマガジン!

ゴイカのかいごでは、新しい老人ホームの情報やご入居に関してのハウツーなど、老人ホームへの入居を検討されている方に耳寄りなメールマガジンを発行しています。ぜひご登録ください!